office環境のコンサルティング業務|ホームページ制作・webシステム構築|ポータルサイト「はなまるショップ」の運営|各種ソフトウェア・OA機器の販売・保守など

I will be …

お客様の抱えている問題を的確に把握し、効率的かつスピーディーに、ベストなプランをご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。
私たちは常に皆様のベストパートナーであり続けます。
コーポレートサイトの企画制作から、ポータルサイト、ショッピングサイトなどのシステム構築、サーバー管理までワンストップで対応。
さらにアクセス解析・SEO対策などのwebコンサルティングも含めた、総合的な提案をおこないます。
災害時・緊急時に大切な家族や社員の
安否確認をボタン一つで迅速に行う事が
出来る「ココいるネット」安否確認システム
を提供しています。
お客様のニーズに最適な商品を提案します。納品後のアフターサービスも万全です。建設業:CALS/EC、積算システム酒造業:酒造業管理システムEtc:販売管理システム、財務会計システム、給与管理システム 等
※応研株式会社代理店
HOME >> 安否確認システム ココいるNET

登山で使う安否確認サービス

簡単・安心で出し忘れ防止

事前登録でも登山口のチラシからでも簡単に登録ができます。個人情報も守られ、カードの未回収も防げるので安心して登録できます。

チェックポイント行動記録

GPSやチェックポイントで行動記録が残せるので、留守家族や山域の管理者ともトレール情報を共有できます。リピート山行のメモにも。

救助要請や避難警告の発信

事故・遭難時には、登山者から位置情報も含めたHELP!を発信できます。噴火や天候の急変が時には、管理者から緊急警報が発信できます。

こんな風に役立ちます

事故、緊急事態発生時には

遭難をキャッチ、捜索をスピードアップ

従来、事故の目撃者からの報告や留守家族からの報告で遭難の可能性を知りますが、状況は一刻一刻悪化していきます。

ココいるネット登山版を利用すると、正常に下山していない登山者の存在にいち早く気づくことができます。例えば一定時間経って下山報告のない登山者に、メールなどで下山できているかを問い合わせることができるので、応答の無い場合には遭難の可能性を考えて、いち早く救難行動に移ることができます。

遭難したと判断した場合、QRコードを配備したチェックポイントの位置情報や登山者自身との連絡から捜索範囲を絞り込むことができるので、迅速に救助に向かうことができるようになります。

通常の登山では

登山動向の把握、遭難被害を予防

登山届けの提出が簡便になることで、登山届けを出す登山者を増やすことが見込めます。

個人情報の蓄積許可は必要ですが、一定期間登山者情報を保存しておくことで、リピータ登山者がどれだけいるのかなどのデータを取得できるので、観光施策などに役立てることができます。

天候の急変などの危険な情報をいち早く登山者に発信することで、事故や遭難の発生を防ぐ可能性を高められます。

登山届って必要?

登山動向の把握、遭難被害を予防

大きな山域での本格的な登山では登山計画書(登山届)が必要です。その提出先は、家庭、クラブ(山岳会)、職場、学校、山域の登山指導センターや案内所、登山山域の都道府県警察本部地域課、山域を所管する警察署・交番・駐在所などで、登山口の紙に書いて提出箱などに入れるのが主流です。最近ではWebでの登山届けも増えていますが、専門性が高いこともあり、趣味の登山者や観光登山ではなかなか実行されていないのが現状です。

ITで進化する登山届け

事故の起きやすい観光層に有効

登山事故は、大きな山域や専門的な登山パーティーよりも、観光登山や趣味的な少人数登山で発生しやすいという傾向があります。しかし、その様な登山の時には登山届けが出されないことが多いのではないでしょうか? IT登山届は利用者に負担が少なく、その手軽さゆえに、観光登山者層でも安心して提出できるので、登山届の普及に役立ちます。

もっと安全に、もっと手軽に

現行の登山届は事故が起きた後で、コースや遭難者の同定に役立てることにしか使われていませんが、IT登山届を導入することで、リアルタイムな位置情報の視覚化や天候急変などの緊急情報発信が可能です。時代と共に進化し続けるITの力を登山届に注ぐことで、もっと安全に登山を楽しみ、もしもの時に、遭難被害を少しでも軽減するツールとしての活用はできないのでしょうか?

GPSが利用できない山間部では、チェックポイントのQRコードを通じて位置情報を判定します。