office環境のコンサルティング業務|ホームページ制作・webシステム構築|ポータルサイト「はなまるショップ」の運営|各種ソフトウェア・OA機器の販売・保守など

I will be …

お客様の抱えている問題を的確に把握し、効率的かつスピーディーに、ベストなプランをご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。
私たちは常に皆様のベストパートナーであり続けます。
コーポレートサイトの企画制作から、ポータルサイト、ショッピングサイトなどのシステム構築、サーバー管理までワンストップで対応。
さらにアクセス解析・SEO対策などのwebコンサルティングも含めた、総合的な提案をおこないます。
災害時・緊急時に大切な家族や社員の
安否確認をボタン一つで迅速に行う事が
出来る「ココいるネット」安否確認システム
を提供しています。
お客様のニーズに最適な商品を提案します。納品後のアフターサービスも万全です。建設業:CALS/EC、積算システム酒造業:酒造業管理システムEtc:販売管理システム、財務会計システム、給与管理システム 等
※応研株式会社代理店
HOME >> 安否確認システム ココいるNET

ココいるNETとは

ボタンひとつで迅速に安否確認

社員と家族の安否が一度に

災害時に真っ先に知りたいのは家族の安否です。ココいるネットでは家族の安否を確認する操作で社員の安否報告も同時に行えます。だから社員の安否も素早く収集可能です。

「I'm HERE」を押すだけで

災害時には複雑な操作はできません。画面を開き、ボタンを押すだけで「いつ」「どこで」「どんな状態で」「これからどうする」か」という情報を共有できます。

インターネットベースだから

携帯通話やメールができない時でもインターネットにさえ繋がれば、PC、携帯、スマホなどから利用できます。自分で使えない人にはみまもりカードがあります。

安否確認システムとは

安否確認システムとは、地震などの災害時に、緊急連絡を必要とする人達の間で、様々な通信手段を通じて生存確認とその後の行動指針などについて連絡を取り合うシステムです。企業利用と家族利用とで、必要な機能は異なります。大多数のものはPCや携帯のメールの一斉配信をベースにしていますが(図1)、東日本大震災では大規模災害においてはメールが機能しない可能性が高いという問題を浮き彫りにしました。そこで、インターネットを駆使したリアルタイムな安否確認方法が必要とされています。(図2)

事業継続計画(BCP)とは

事業継続計画(Business Continuity Plan=BCP)とは、地震などの災害時に、企業が事業を継続させるために必要な方針と手順をまとめたリスクマネジメントを指します。損害の最小化と早期復旧を可能にするために、事前の手順化と装備などが必須となっています。東日本大震災以降は、帰宅困難者を発生させる事が社会的な問題となるだけでなく、企業の事業継続要員を喪失するという認識から、前記の安否確認をBCPの中核要素にする必要が生まれました。

安否確認はBCPの最優先事項

大地震が発生した時に、最初に行うべき事が社員の安否確認です。損害の最小化や事業継続のための手順はすべて人が実行します。事前に手順だけ決めていても、それを遂行する人員の確保が先決です。社外にいるキーマンの確保をし、社内の生存人員にも家族の安否を確認させてこそ、冷静にとどまって業務を遂行する事が可能になります。備蓄の食料が必要になるのはその後。BCP上、安否確認自体が困難な作業になってはいけません。簡潔にスムーズに行えることが必須です。

基本機能は全て完備

安否確認機能 管理者機能 情報共有機能 家族の安否確認 代理安否確認機能
位置情報 メッセージ機能 コメント機能 グループ機能 既読確認機能
マルチデバイス対応 平常時連絡機能